momokuri’s blog

セミリタイアに憧れるアラフォーITエンジニアの雑記ブログ。ブログとyoutubeチャンネルの運営、リーマンの生き方を中心に語ります。

下の人間はやりたくないことをやるのが仕事。上の人間はやりたいことを自分でやるのを我慢するのが仕事。

日常業務を1人でこなせるようになっても、まだ1人前とは言えない。

不測の事態になったときに、適切な判断をして、最善の対応がとれるようになれれば、やっと1人前と言える。

 

予期せぬことが突然起こると、テンパるし、ドタバタする。

クレームとかサーバ障害とかだと、お怒りユーザに謝罪しながら真摯に対応して、終わったときにはぐったり。

 

二度とこんな思いはしたくない、って思うんだけど、二度と起こらないとは言えないのがビジネスの厳しいところ。

また起こったら、踏ん張って乗り越えていくしかないんだよね。

 

やりたくないことは敬遠しがちだけど、それも含めて仕事をまかされているわけで。

給料の半分くらいは、その対価をもらってると思って、覚悟を持って業務にあたった方がいい。

 

 

片や、やりたくないことは部下に押し付けて、やりたいことがあると現場に出てきて自分でやろうとする困ったちゃんがいる。

会社でさまざまな権限を持つ、お偉いさん方だ。

 

自分がそれなりの立場にいるから「自分はできる」と思い込みがちなのか。

こういう人は、社内に魅力的で華やかな案件があると、「おれが指揮する」といってしゃしゃり出てくることがある。

 

こういう体制の場合、その人の指揮でやっていることがズレていたとしても、みんな遠慮して止めることはできない。

それが良い結果になるならいいが、悪い結果になると始末が悪い。

 

お偉いさんリーダーは、それを自分の責任だとは思わない。

自分は間違っていないと思い込んでいて、なんなら部下のせいだぐらいに思っていて、現実を素直に受け入れようとしない。

 

普段は数字を根拠に自分の部下をめっちゃ詰めてくるくせに、自分の案件のこととなると数字がすべてじゃないとか言う。

これ、あっしのまわりで立て続けに起こったんだけど、なんなの?

もはや、ビジネスあるある。

 

 

 

上の人間が現場に出てくるとロクなことがない。

一概に言えないかもしれんが、これはあっしの教訓だ。

 

やりたくないことを部下にさせるのは別にいい。

ただ、本当は自分がやりたいことも部下にさせるようにして、現場に口を出さないでほしい。

 

上の人間は方針だけ伝えて、あとは電柱の影で部下を見守ってればいいのよ。

そんで自分にしかできない仕事をやってなさい。

 

あー、明日はやっと週末。

うれしー。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ インドア派サラリーマンへ