momokuri’s blog

セミリタイアに憧れるアラフォーITエンジニアの雑記ブログ。ブログとyoutubeチャンネルの運営、リーマンの生き方を中心に語ります。

【10月連載】期限があるものは、ぜーんぶプロジェクトにしちゃえ

f:id:momokuri777:20181003194341j:plain

「今年こそ志望校に合格するぞ!」

「明日提出のレポートやらなきゃ」

「友人の結婚式までには、みんなで余興のダンスを踊れるようにならないとな」

 

あなたには、これらすべてプロジェクトに見えてますか?

 

 

プロジェクトとは?

プロジェクトとは何でしょうか?

世の中にはいろんな定義がありますが、あっし的には「ある目的を達成するための計画と活動」てところです。

 

プロジェクトって聞くと、でっかい橋を造るプロジェクトとか、新商品開発プロジェクトとか、規模のおっきなものを想像しがちです。

しかし、ある2つの要素を持っていれば、それらは全部プロジェクトと言えるんです。

 

その2つのものとは「目的」「期限」

これがあれば、もうプロジェクトなんです。

 

プロジェクトはけっこう身近にある

冒頭に挙げた3つのケースも、実は立派なプロジェクトと言えます。

「目的」と「期限」を明確にすれば、こんな感じのプロジェクトになります。

 

「今年こそ志望校に合格するぞ!」
  ↓
目的:志望校に合格し、来年はキャンパスライフを満喫すること
期限:受験日
  ↓
【もう浪人とはオサラバだぜ!絶対に志望校合格プロジェクト】

 

「明日提出のレポートやらなきゃ」
  ↓
目的:レポートを提出し、単位を取得すること
期限:明日
  ↓
【一夜漬けでごめんなさい!レポート提出プロジェクト】

 

「友人の結婚式までには、みんなで余興のダンスを踊れるようにならないとな」
  ↓
目的:みんなで余興のダンスを完璧に踊って、披露宴を盛り上げること
期限:結婚式当日
  ↓
【USAって意外と難しくね?でも完璧に踊ってやるぜプロジェクト】

 

あ、名前は何でもいいんです。

どれも「目的」と「期限」があるよね?ってことを言いたかったのです。

 

こうやってみると、「目的」と「期限」があるものって、意外と身近にあります。

規模の大小は関係ないんですね。

 

もっと言うと、「期限」があるものには大抵「目的」もあったりするので、「期限」があるものはすべてプロジェクトとみなしていいかもしれません

 

今日中にやらないといけないこととか、ないですか?

それはもうプロジェクトなんですよ。

 

 

 

プロジェクトになくてはならないプロジェクト管理

さて、プロジェクトには絶対にはずせないものがあるんですが、それは何でしょう?

 

答えは「プロジェクト管理」

その名の通りで、期限までに目的が達成できるように「プロジェクトを管理」していくことです。

 

プロジェクトの管理とは、具体的に何をしていくのか?

やることはたくさんあるのですが、1番重要なのは「スケジュールの管理」です。

 

例えば、先ほどの「志望校合格プロジェクト」を例に挙げて説明しましょう。

 

受験で合格するためには、長い間たくさん勉強する必要がありますね。

覚えることがありすぎるので、無計画に勉強しても合格はできないことは容易に想像がつきます。

 

受験に合格するためには、何よりまず勉強のスケジュールを立てることです

夏が終わるまでに基礎知識の勉強を完了し、秋は応用問題、冬になったら志望校の過去問題をやるなど、いつなにをやるかを決めていくのです。

 

これをやらないと、ある教科の勉強にたくさんの時間を使ってしまって、他の教科をやる時間がなくなった、ということになりかねません。

そうなると致命的、最悪の場合、合格できないかもしれません。

 

途中ちょっとやり方を間違えると、プロジェクト全体が頓挫することはよくあります

そうならないように、スケジュールをはじめ、さまざまな観点からいろんなことを管理をするわけです。

 

それがプロジェクト管理です。

 

 

 

これがプロジェクトだって気づけ!

この「プロジェクト管理」が適切に行われないと、プロジェクトは十中八九、炎上します

プロジェクトの成功には、「プロジェクト管理」が不可欠なんですね。


プロジェクトが炎上する要因の1つとして、「プロジェクト管理がずさんだった」ということがよくあります。

しかし、あっしの経験上で言えば「やっていることがそもそもプロジェクトだと気づいていない」というのも多いです。

 

「期限」があるものは「プロジェクト」であり、それには「プロジェクト管理」が必要です。

しかし、「期限」があるのに「プロジェクト」という意識がなければ、そもそも「プロジェクト管理」が必要とは考えません。

 

「プロジェクト」という意識がなく、スケジュールを立てないで進んだのだとしたら、その本来プロジェクトであるべき取り組みは、途中で炎上し頓挫することでしょう。

まず「これはプロジェクトだ」という意識があるかどうかで、その取り組みが成功するかどうかが大きく分かれるのです。

 

 

 

仕事にもプライベートにも、ブログにも使える

この「プロジェクト」と「プロジェクト管理」という考え方をちゃんと身に着けていると、さまざまなシーンで役に立ちます。

一言でいうと、失敗しにくくなるのです

 

あっしはそのメリットを知ってからは、仕事でもプライベートでも「○○プロジェクト、始動!」って心の中で叫んで、1人で盛り上がったりしてます。

そうやって、最初に必ずスケジュールを立てるようにしています。

 

仕事がうまくいかない。

いろいろやるけど何も続かない。

ブログも最近更新していない。

 

そんな方には、この連載がひとつの参考になると思います。

なんでもかんでも「プロジェクト」にして、それをばりばりこなせるようになる方法をどんどん紹介していきます。

「プロジェクト管理」、超おススメですよ。

 

今日はここまで。

次回をお楽しみに!

 

次の連載記事

blog.momokuri777.com

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ インドア派サラリーマンへ