momokuri’s blog

セミリタイアに憧れるアラフォーITエンジニアの雑記ブログ。ブログとyoutubeチャンネルの運営、リーマンの生き方を中心に語ります。

さあ、いい準備しよう

f:id:momokuri777:20180711234607j:plain

「これが最後のワールドカップ」と明言したサッカー日本代表の本田圭佑が、試合前のインタビューで抱負を聞かれて、よく口にする言葉がある。

 

「いい準備をして臨む」

 

本田は「試合を頑張る」とは言わない。

「準備をしっかりする」という言い方をするのだ。

 

準備とは、どういう準備なのだろうか。

その疑問について、あっしなりの解釈は2つある。

 

1つは攻めの観点。

 

1つの戦法で挑んだ場合、それがうまくいけばよいが、通用しなかったら他の方法で挑む必要が出てくる。

そういった攻撃手段をなるべく多く備えておくことは、勝負を優位に進めるためにも重要なことだ。

そういう準備をしておくという意味。

 

もう1つは守りの観点。

 

相手が自分の想定にない攻撃をしてくると、すぐには対応ができない。

想定にないと、その後どうなるか予測ができずに不安になり、余裕がなくなってしまう。

 

余裕がなくなると、いつもならできることもできず、ミスが多くなる。

そうなると負ける可能性が高くなってしまう。

 

起こりうるケースをいかに想定できるかというのは、とても重要だ。

その場でうまく機転を利かせることができればよいが、いつもうまくいくとは限らない。

事前に対応の準備ができるのなら、それにこしたことはないのだ。

 

このようにあっしは、攻めと守りの観点で、準備は大事だと思っている。

これはスポーツだけでなく、ビジネスでも言えることだ。

 

会議で自分の意見を通すときや、稟議をあげるときなど、いかに説得材料を用意し(攻め)、いかに相手の指摘を想定できるか(守り)。

これらすべて、準備次第である。

 

本番で結果を出す人というのは、この準備がしっかりしている人だ。

「準備が9割」とよく言うが、あっしは「準備がすべて」と言ってもいいほどだ。

 

「本番に強いタイプ」という言われ方をする人がいる。

普段はぱっとしないのに、本番になると力を発揮する、みたいに思われてるようだが、本番に強いのは、しっかり準備して不安がない状態にしてるからなんじゃなかろうか。

もしそれをちゃんとやっている人だったら、やる気を出せば本番以外でも強い気がする。

 

だからあっしは「本番に強いタイプ」なんてのはいないと思ってる。

本番に強ければ、いつでも強いでしょうよ。

 

プロスポーツ選手は、本番で人並外れたパフォーマンスを発揮するが、それはそういう準備をしているからできることである。

だからプロって、パフォーマンスだけじゃなくって、準備がプロなんよね。

 

本田圭佑は、小さいころからヨーロッパクラブの10番をつけることを目指していた。

野球の大谷翔平も、メジャーリーガーになると明言して練習してきた。

 

どうすればそうなれるか。

彼等は小さいころから情報を集め、必死に考え、実行してきた。

そういう準備をしてきたのだ。

 

本番で結果を出せる人は、しっかり準備をしてきた人である。

それを「たまたま」とか「本番に強いタイプ」で片づけちゃってる人は、いつか足元すくわれるかもよ。

 

さあいい準備して、本番に臨もう。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ インドア派サラリーマンへ