momokuri’s blog

セミリタイアに憧れるアラフォーITエンジニアの雑記ブログ。ブログとyoutubeチャンネルの運営、リーマンの生き方を中心に語ります。

ブログで食う生活を疑似体験中

偉そうなタイトルにしたが、ようは求職中ってこと。

 

結果待ちの会社があって、いま正直じっとしてられない心境。

無職慣れしてないから、心臓によくない。

 

前の会社を辞めて、1ヶ月以上が経過。

やめた直後は、これで休める!という思いが強かったけど、思ってたより就職活動に苦戦してて、ちょっと焦りぎみ。

 

仕事してない時間が続くと、自分が何もしてないのに毎日がたんたんと流れていくのを見て、あっしって社会に必要なんだろうか?という精神状態になる。

働いているときは社会に嫌気がさしていたのに、こう思うようになるなんて不思議なもんだ。

 

そういえば、20代のときにも同じ思いを経験したな。

大学でサイト構築にはまって、卒業後に就職せずに実家に戻って、働かずにずっとパソコンやってて。

 

その間、母親があっしの年金や携帯利用料を肩代わりしたり。

父親から「会社から、なぜ成人になった子供が扶養なのか?と言われた。いい加減働け!」とどやされたり。

 

家では針のむしろだったけど、作ったサイトでいろんな人との出会いがあって、今の自分があるから、あれはあれで大切な思い出なんよね。

ITの可能性を感じたのもあのときだし。

 

いまはあの頃と環境も事情も違うけど、ブログやってる時間が多いから、やってることはあんまり変わってないな。

結局、あっしはこれしかできないってことか。

 

もしブログだけの生活になったら、今と同じような生活になるのかな、とふと思った。

働いてると、人との繋がりも自然と生まれるけど、働いてないと自分から動かない限り、ずっとひとりよね。

そうなったら、人恋しくなったりするのかな。

 

 

ブログで生活の基盤や自由を得たとしても、そこからさらに何か別の欲を満たしたくなるかもしれない。

もしそれが満たされなかったら、幸せじゃなくなるのだろうか。

 

宝くじに当たった人でも、そこから人生が破滅する人がたくさんいる。

結局は、自分を制御できなければ幸せにはなれないってことだ。

お金や自由な時間だけでは幸せにはなれない。

 

若い頃のあっしは、サイト作りに幸せを感じていた。

いまはどうか。

 

生活があるので、経済的な不安はどうしてもあるが、それが解決したからといって幸せにはなれるとは限らない。

結局、刺激も適度にないと持たない気がする。

 

ブログで食べていくなら、その後何をしたいかも考えておいたほうがよさそうだ。

改めて自分の幸せって何か?を考えさせられる、プータロー2か月目の昼。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ インドア派サラリーマンへ