momokuri’s blog

セミリタイアに憧れるアラフォーITエンジニアの雑記ブログ。ブログとyoutubeチャンネルの運営、リーマンの生き方を中心に語ります。

ブロガーから素直に学ぶ!継続するためにそばに置いておきたいブログ関連本

f:id:momokuri777:20180220001406j:plain

最近本屋に行ったら必ずチェックするようにしているブログ関連の本。

いままで何気にブログを続けてみたけれど、かなり我流で進めてきたところがあるので、ここらでちょっとインプットもしてみようかと。

 

いくつか買ってみたので、今日はこれを紹介。

 

 

ブログ本に求めたこと

ブログを始めるときに決めたことがある。

それは「身近な人にはバレないようにしよう」ということだ。

 

ブログに変なことを書くつもりはないけど、身近な人にブログの存在を知られてしまうと、なんとなく書く内容が制限されてしまう感じがして。

なので、今後も「あっしがやってますぅ~」みたいなことをアピールするつもりはない。

ひとりでひっそりとやっていければと。

 

そうなると、ときどき感じるのが「孤独感」「閉塞感」だ。

むなしいことがあるのよね、ただ更新するだけの日々だと。

 

最近はやっとadsenseの収益が少しずつ伸びてきてモチベーションにはなってきているけど、もし今後伸びていかなかったら、やっぱりむなしくなるだろうな。

続けていったら、そんな浮いたり沈んだりの繰り返しがあるのかなと。

 

おそらくあっしの気持ちの根底には、やってることを誰か認められたいとか、反応して欲しいとかの欲求があるんだろうな

ひとりでやるとかいっておきながら、わがままよね、まったく。

 

そんなときに、何気にブログの本に手を伸ばした。

それを読んで多分、確かめたかったんだと思う。

あっしがやっていることが、どうなのか。

 

結果的に、確かめることができたし、新しいやり方も学べたし、ブロガーとして励まされもした。

気持ちもすごく落ち着いたので、買ってよかった。

いまでもバイブル的に、いつも横においている。

 

前置きが長くなったが、さっそくそのバイブルたちを紹介しよう。

 

ブログ飯 個性を収入に変える生き方

無理しない稼ぎ方の大原則。
専門知識がなくても、有名じゃなくても、
妻一人子一人(+ネコ一匹)を養える!

テクニックありきではない人気ブログの作り方を解説したSNS時代の新しい生き方本。
自分の好きなこと(個性)をネットで収入に変える方法を、根本となる考え方や具体的な収益方法を交えて解説しています。
著者は人気ブログ「Xperia非公式マニュアル」を運営し、Google AdSenseの成功事例としても取り上げられたプロブロガー。
ネットで集客して収益に結びつけるまでの道のりを体系的に学べる一冊です。

 

ブログで飯を食う。

ということを本気でやっている人って、どういう経緯でそうなったのかがめっちゃ気になったので、まず最初に手にとった本。

 

この1冊だけで、ブログに関する一通りのことは学べる。

ブログをはじめるきっかけとか、かなり内情をさらした内容になっていておもしろい。

読みやすいし、まず最初に読む本としてはオススメ。

 

あっしの場合は、この1冊だけでモチベーション維持はできなくて、結局他の本にも手を出してるのだけど、今読んでも参考になる内容になってて、ちょいちょい見返したりしている。

まさにバイブル。

 

武器としての書く技術

一般のビジネスマンや学生、主婦であっても、自分のブランドを上げ、ひいてはお金に変えられる手段がある。それは、「書く」ということ。月間30万PVを誇るブログを運営する「プロブロガー」である著者が、「稼ぐための書く技術」を惜しげもなく披露します。 

 

実はこの著者のことを知らなくて、知人から「ブロガーと言えばイケダハヤト」と言われて、調べて買った本。

正確にはkindleだが。

 

文章って、人によって本当に個性が出るよね。

うまい人は本当にうまいし、読んでるのが苦痛にならないぐらいおもしろい文章をかける人もいる。

ライターっていう職業が成立するのもわかる。

 

あっしは全然得意な方じゃなくて、書くのも時間がかかるし、できることなら人にまかせたい。

ブログを更新する気はあっても、文章力を鍛えたいっていうモチベーションはないんよね。

いい文章がかける魔法はないかなって、いっつも思う。

最終的に、人の役に立つ文章になっているかが重要なわけで、書く技術を身につけることがゴールではないから。

 

ただ、実際にブログでばりばり稼いでいる人の言葉は、やってる人間からすると重みがある。 

ブログで成功した1人の人として、その考え方は今後も参考にしたい。

 

でもtwitterの発言とか見てると、この方ちょっと苦手。

 

 

 

世界一やさしい アフィリエイトの教科書 1年生

アフィリエイトの達人2人による、はじめての人、やりなおしたい人のためのアフィリエイト徹底攻略本!
サイトのつくり方から売れる商品の選び方、思わずほしくなる記事の書き方、ゼロから100まで教えます!

『ブログ飯』の染谷昌利と、その言動が常にネット界を熱くするイケダハヤト。
2人の視点から語られた本書は、アフィリエイトの基本から王道までを完璧に網羅するものとなりました。
「アフィリエイトの教科書」というタイトルの通り、この1冊でアフィリエイトの開始から収益を上げられるようになるまでを事細かに解説しています。
アフィリエイトの原理原則や基本となる内容をベースに具体事例も満載。
この本をしっかり読み込んで、実践し、継続すれば一定の成果まで進むことをお約束します。
ローリスクで楽しく収入を増やせるアフィリエイトの入門書が、あなたの副業ライフを豊かにしてくれます。

 

先に紹介した2冊の著者の共著となっている本。

ブログではなくアフィリエイト本だが、テーマより著者で買った感じ。

やっぱり、結果を出している人の意識や考え方は参考になるしね。

あっしは気になった著者がいたら、他の本も買って、深く知りたいと思う人なので。

 

アフィリエイトのことが体系的に学べるので、初めてやる人にはオススメ。

かなりボリュームがあり、テーマごとに細かく説明がされているので、読み応え十分。

アフィリエイトそのものについて学ぶには、これ1冊があればよい。

 

読んだ後も、アフィリエイトで煮詰まったときには、何か突破口がないかパラパラ見るようにしている。

孤独感が出てきたときの気晴らしって意味もこめて。

 

初心者でも失敗しない いちばん稼ぎやすい簡単ブログ副業

 

ここからは、いろんなブロガーさんの話が聞きたくて、ブログ本であればとりあえず買ってみた感じ。

この本は、トレンドアフィリに特化した内容になっている。

 

あっしは特にトレンドを意識したものにはしてないんだけど、キーワードをロングレンジ、ミドルレンジ、ショートレンジの3種類に分けることに関してはかなり参考になった。

例えばミドルレンジキーワードは、3ヵ月後にトレンドとなりうるキーワードを意識して、事前に記事を作成しておく、というやり方。

いまだったら3ヵ月後は5月だから、GWを意識した内容に今からしておくとか。

 

そういう仕掛けをたくさん打っておくことで、全体として大きなアクセスにつなげられると。

 

副業ブログで月に35万稼げるアフィリエイト

また別の著者の本。

この本では、特にSNSを使った集客アップ術が参考になった。

 

単なる集客ツールとして使っているだけじゃなく、twitterはこう使って、facebookはこう使うみたいな使い分けがされている。

細かいところまでいろいろ考えているんだね。

 

あと、とにかく読みやすい構成になっているので一気に読める。

このブロガーさんならではの「読ませる」ノウハウがこの本に盛り込まれているのかなと思わせる。

 

 

他にも、以下の本がある。

それぞれの著者のブログへの思いや、続けていくための心構え、テクニック、ツールの紹介など参考になる。

 

ゼロから学べるブログ運営×集客×マネタイズ

必ず結果が出るブログ運営テクニック100

まとめる

ブログって、自由を勝ち取るための長い冒険みたいなもので、はじめてすぐは我慢が続くのよね。

それを乗り越えるために、いろんな力を借りる必要がある。

 

励ましあえる仲間がいればいいんだろうけど、あっしみたいな引きこもり野郎はこういう本で乗り切っている。

単に学ぶっていうだけじゃなくて、ブログやっててモチベーション上がらない人は、気晴らしになるかもしれないので、読んでみることをオススメします。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ インドア派サラリーマンへ