momokuri’s blog

セミリタイアに憧れるアラフォーITエンジニアの雑記ブログ。ブログとyoutubeチャンネルの運営、リーマンの生き方を中心に語ります。

ショック!youtubeの収益化条件がより厳格になって2018/2/20から適用

f:id:momokuri777:20180411201159j:plain

衝撃的なニュースが飛び込んできた。
2018/2/20からyoutubeのパートナープログラムが変更となり、「過去12か月の総再生時間が4000時間以上」と「チャンネル登録者数が1000人以上」を満たしていないと収益化できなくなるようだ。
なんだとーぅ。

 

 

非常な通告

今日、あっしに1通の英語メールが届いた。

youtubeからだった。

Today we are announcing changes to the YouTube Partner Program (YPP). While our goal remains to keep the YPP open to as many channels as possible, we recognize we need more safeguards in place to protect creator revenue across the YouTube ecosystem.

今日、YouTubeパートナープログラム(YPP)の変更をお知らせします。できるだけ多くのチャンネルにYPPをオープンにするという目標は残っていますが、YouTubeの生態系全体でクリエイターの収益を保護するために、より安全な手段が必要であると認識しています。

これだけで嫌な予感がした。

 

Under the new eligibility requirements announced today, your YouTube channel, はてブロももくり, is no longer eligible for monetization because it doesn’t meet the new threshold of 4,000 hours of watchtime within the past 12 months and 1,000 subscribers. As a result, your channel will lose access to all monetization tools and features associated with the YouTube Partner Program on February 20, 2018 unless you surpass this threshold in the next 30 days. Accordingly, this email serves as 30 days notice that your YouTube Partner Program terms are terminated.

今日発表された新しい適格性要件の下では、あなたのYouTubeチャンネル「はてブロももくり」は、過去12ヶ月以内に視聴時間4000時間、1,000人の新規視聴者数に達しないため、収益受け取りの対象になりません。その結果、今後30日間でこの上限を超えない限り、チャンネルは2018年2月20日にYouTubeパートナープログラムに関連付けられているすべての収益化ツールと機能にアクセスできなくなります。したがって、このメールは、YouTubeパートナープログラムの利用規約が終了してから30日以内に通知されます。

あわわわわ。

 

One of YouTube’s core values is to provide anyone the opportunity to earn money from a thriving channel. Creators who haven’t yet reached this new threshold can continue to benefit from our Creator Academy, our Help Center, and all the resources on the Creator Site to grow their channels. Once your channel reaches the new threshold, it will be reviewed to make sure it adheres to our policies and guidelines, and if so, monetization will be re-enabled.
YouTubeの重要な価値の1つは、誰もが盛んなチャンネルから収益を得る機会を提供することです。この新しい基準にまだ達していないクリエイターは、クリエイターアカデミー、ヘルプセンター、クリエイターサイトのすべてのリソースを活用してチャンネルを拡大することができます。チャンネルが新しいしきい値に達すると、チャンネルがGoogleのポリシーとガイドラインに準拠しているかどうかを確認し、そうであれば収益受けを再度有効にします。

なんたること。

去年4月にもプログラム変わって収益化できなくなって、その条件をやっとクリアしたというのに、また変わるのか。

blog.momokuri777.com

 

今回はそのときより「過去12ヶ月以内に視聴時間4000時間、1,000人の新規視聴者数」というかなり強烈な条件。

うーむ。

 

現状

新しい収益化条件から、いまのあっしはどれぐらい離れているか調べてみた。

  • 過去12ヶ月以内の視聴時間・・・968時間(達成率24.2%)
  • チャンネル登録者・・・37人(達成率3.7%)

あかん、遠い。

こりゃ当分収益化は無理やな。

なんてこったい。 

 

ネットはどうなってる?

ネットの反応を調べてみたら、さすがのgigazine、もう記事が出てた。

gigazine.net

YouTubeが公式ブログの中でYouTubeパートナープログラムへの参加基準が新しくなることを発表しました。これは2017年にYouTubeコミュニティ内で起きた複数の騒動が原因であることは明らかで、YouTubeもこの事実を認めています。「YouTubeコミュニティ内で起きた騒動」として最も直近のものは、ローガン・ポール氏の騒動で、詳細は以下の記事を読めばわかります。

世界中で大炎上中のYouTuberローガン・ポールは日本で一体何をしでかしたのか? - GIGAZINE

く、こやつのせいか。

やること人間と思えんわ、まったく。

 

この新基準は2018年2月20日から実装されることとなり、基準を満たさないチャンネルはYouTubeから収益を得られなくなります。新基準は多くのチャンネルに影響を及ぼすこととなりますが、YouTubeいわく、影響を受けるチャンネルの99%は前年に100ドル(約1万1000円)以下、90%が先月に2.5ドル(約276円)以下の収益しか得られていないチャンネルとのこと

確かに収益額は微々たるもんかもしれんが、クリエイターにとって収益化は大きなモチベーションになってるんだぞう。

 

なお、基準を満たさないチャンネルにもAdSenseのポリシーに基づき、これまでに獲得した収益が支払われることとなります。

微々たるもんだけど、ありがたいことです。

 

2chまとめにも上がりだした。

geeksokuhou.net

さて、どうするか

いまのペースだと、収益化を再開できるようになるのはいつになるかわからない。

なんとなく、1年は無理だろうなと思う。

 

でも、動画作成をやめるつもりはない。

あまり手間をかけてないし、結構楽しいしね。

 

これからも動画をアップし続ければ、いつかは到達する条件なのかなと思う。

チャンネル登録者は、100を超えるまでが大変で、それを超えたら1000までは早い、という話を聞いたことがあるし。

再生数は伸びていってはいるんで、しばらくはその成長ぶりを純粋に楽しむしかない、か。

 

※追記2018/1/28

youtuberのKAZUYAさんもこの件について言及。

ブログランキング・にほんブログ村へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログへ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ 40代サラリーマンへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ にほんブログ村 ライフスタイルブログ セミリタイア生活へ にほんブログ村 サラリーマン日記ブログ インドア派サラリーマンへ