プロジェクトは破綻する。

仕事のこととか、salesforceのこととか、書評とか書いてます

youtubeで振り返るあっしの音楽遍歴





f:id:momokuri777:20170902082628j:plain

あっしは昔よく聴いた曲を、youtubeでお気に入り登録している。

数ヶ月に一度くらいの頻度で聴きたくなって、ヘビロテして、当時のことを懐かしんでいる。

 

今日は昔はまった音楽を振り返ってみようかな。

 

音楽に目覚めた中学時代(1989~1992)

あっしが音楽を聴くようになったのは、中学校時代にX JAPANをすごく好きな友達(不良)がいて、その彼の影響が大きかった。

当時はまだXだったか?

あっしは学校の放送委員をやっていたので、給食の時間によく「紅」とか「WEEK END」を流してた。

 

他にも、BLUE HEARTSとか、PERSONZとか好きだったな。

そういうバンド系が好きだった。

 

その後、テレビっ子だったあっしは、トレンディドラマの影響でドラマ主題歌を聴くようになり、CHAGE & ASKAにめっぽうはまった。

スーパーベストII、めっちゃ聴いたな。

今は残念なことになってしまったが。

 

ちなみに、人生で最初に買ったシングルCDは徳永英明の「夢を信じて」 。

1番聴いたCDは、Final Fantasy IVのサントラという。

ゲームも大好きだった。

 

ビーイング系で染まった高校時代(1993~1995)

B'z、ZARDWANDS大黒摩季T-BOLANDEEN

ビーイング系と呼ばれるこれらのアーティストは、当時メディアにほとんど露出しないミステリアス戦略で一大ブームを築いた。

 

あっしもどはまりして、当時使えるお金も増えてきたから、CDを買いまくってた。

初めて買ったアルバムは、ZARDの「OH MY LOVE」

 

WANDSの「世界が終わるまでは」は、今でも聴ける名曲。

 

ビーイング系で1番擦り切れるほど聴いたのはMANISH

ちょうど大学の受験勉強をやってた頃で、2ndアルバム「INDIVIDUAL」をヘビロテし、曲に励まされながら、つらい勉強を乗り切った思い出が。

 

MANISHで1番好きだったのは、大学時代に出た3rdアルバム「Cheer!」に収録された「せつない自由」。

その後、活動しなくなっちゃったんだよね。

寂しかったな。

 

人生を変えたバンドに出会った大学時代(1995~2000)

大学生になってからは、とにかく流行りの曲は何でも買っていた。

世間でもJ-POPが隆盛をほこっていて、今では考えられないくらいCDが売れまくってて。

握手券とかなくてもミリオンセラーが出る時代。

 

そんな中、当時バンドだけを対象にしたJ-ROCKっていう深夜番組があって、そのマニアックさに引き込まれて、よく観ていた。

それを観て、好きになったのが、SIAM SHADEだった。

1/3の純情な感情」で有名になったけど、知ったのはそれが出るちょっと前ぐらい。

 

SIAM SHADEのアルバム「SIAM SHADE II」をレンタルして聴いてみたら、それがもうとんでもない衝撃で。

今まで聴いたことなかった曲調がすごい新鮮だった。

「1/3」は彼らのポップな面にすぎなく、ミステリアスでハードな一面も持ち合わせていて、その独特の世界観にあっという間に引き込まれていった。

 

さらに、バンドとしても演奏がめちゃくちゃうまい。

当時ギターも趣味ではじめていたので、バンスコ買って変拍子とか練習したなー。

 

その後あっしは、ファンサイトを立ち上げるぐらいになるほどはまっていった。

バンドは2002年に解散したけど、それから何度か復活ライブもあって、20年近く経った今でも普通に聴いている。

 

現在は、SIAM SHADEと同じぐらいにはまるアーティストは残念ながらいない。

SIMA解散後は、一時期BENNIE Kを好きになって、アルバムが出るたびに買ってたけど、すぐに活動を休止してしまったのが残念。

「オアシス」が好きだったな。

 

あっしのフェイバリットソング集

曲単位では好きなものがたくさんあるので、一気に紹介。

 

Flow『Days』

普段カラオケいかないけど、いったときに唯一歌いたくなる曲。

ラップのところはできないけど。

Flowはボーカル2人いるけど、歌がうまい方の声が好き。

実はSIAMの「1/3」のカバーもしている。

 

Superfly『Beautiful』

越智さん、歌うますぎ。

1番好きなのはコレだけど、「愛をこめて花束を」も名曲かと。

 

LUNA SEA『IN SILENCE』

大学の頃に、アレンジに衝撃を受けた1曲。

SUGIZOのディレイギターと、INORANアコースティックギターによるこの世界観。

真矢の手数の多いテクニカルなドラムもかっこいい。

曲というより、音を聞いている感じ。

 

AKB48言い訳Maybe

これだけメディアの露出が多いと嫌でも耳に入ってくるAKBの楽曲。

その中で、この曲は全体的にお気に入り。

メロディもアレンジも、ついでにいうとダンスの振り付けもよい。

 

 

宇多田ヒカル花束を君に

最近、もっとも心を揺さぶられた曲。

全盛期の頃はまったくはまらなかったけど、人気が落ち着いたときの「Passion」とか「Be My Last」は好きで、当時よく聴いていた。ちょっと歪んでる世界観がなんか好きで。

この曲はストレートなバラードなんだけど、なんだかぐっときてしまう。歳とったかな。

 

 

菅原紗由理『君がいるから』

ゲーム枠から、FF13のテーマソングをピックアップ。

ゲームの方は結構叩かれたけど、あっしは嫌いじゃなかったな。

この曲でエンディングがぐっと盛り上がったし。

 

 

まとめる

音楽って、聴けば当時の事を思い出すよね。

その音楽にいつでも触れられるyoutubeって素晴らしいなと思う。

著作権うんぬんあるけど、そういう良い悪いは別にして、ね。

 

良いと思った楽曲はyoutubeにストックして、ときどき振り返る。

こういう使い方もおすすめでっせ。