プロジェクトは破綻する。

仕事のこととか、日々のつぶやきとか書いてます

【78日目】windowsの電源ランプが点かなくなった





いつもブログを更新するのに使っているwindowsノートが不調なので、今日はiPadから更新。

 

使ってるwindowsマシンは、acerのAspire 5750-N54E/Kというモデル。

ネット利用がメインなので、スペックにこだわらず、5万円くらいで8年くらい前に購入した。

 

電源コードをさしても電源ランプがつかない現象は、実は数ヶ月前から発生している。

初めて発生したときは、故障したかな?と諦めて放っておいたのだが、数日後に期待せずに電源コードをさしてみたら、ランプがついたのだ。

これまで何度か起きているが、原因は未だに不明。

今回もそのパターンかと思って、ときどき電源コードを抜き差ししている。

 

ただ、今回はブログを更新するという明確な目的がある。

使えないのは困るので、はじめて復旧方法をちゃんと調べてみた。

 

すると、pc内に静電気が溜まっていると電気がうまく通らず、ランプがつかないことがある、というネット記事を見つけた。

その場合、放電をすることで復旧するようになるらしい。

放電のやり方は、pcから電源コードやバッテリーをはずした状態で、電源ボタンを5-6回押すか、長押しする。

 

実際にやってみたところ、ダメだった。

ただ、これまで起きた現象を振り返ると、数日放置で復旧したことは、静電気が原因だと考えると納得感はある。

放置することで、時間をかけて放電されたと考えれば。

 

この現象は、pc使用中に突然電源を落とすと発生しやすいらしい。

今回はまさにその状況で発生したので、静電気が溜まってしまっているのかもしれない。

そして、放電機能がうまく働いてないのではないかと都合よく考えてみる。

 

もうちょっと待ってみるとするか。

故障してないことだけを祈る。